◆エロ漫画のレビューや売上ランキングなど。
 エロ漫画:21,196点  著者:6,327人  レビュー:11,795本  サンプル画像:8,410
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


エロ漫画のタグ一覧(抜粋)

Dogwalker

[高岡基文] Dogwalker
著者:高岡基文  発売日:2007年10月20日
サンプル画像:
なし
内容紹介:
価格:0
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
Amazon.co.jpDogwalker (セラフィンコミックス)

レビュー
1 名前:天然猫肉汁アリス缶詰 投稿日:2007年10月20日
★★★★

キャラが立ってて魅力的な陰陽巫女『鳴美』がエロ漫画チックに活躍する表題作『Dogwalker』の丸ごと長編。ロリロリ式神の加耶もイイ味出してます。第3のヒロイン美弥呼のキャラデが古臭いのと不安定なのが難。漫画的にはチープでも巫女装束+触手がツボならお薦め。

★4の下すべり込み。
著者の多分21冊目くらいの単行本(間違ってたらゴメンナサイ)は、全8話で描かれた表題作『Dogwalker』の丸ごと長編。
購入はかなり飛び飛びでやっと8冊目なので細かい比較等は出来ませんがご容赦を。

ショートカットにハチマキして耳に曲玉、紫のストッキングで爆乳グラマラスな、自意識過剰の陰陽巫女『三条鳴美(表紙)』。
鳴美の使役獣にしてロリロリボディーなツインテ少女系式神『加耶(裏表紙右)』。
化け物退治に来た鳴美に巻き込まれてしまう男子生徒『楠木義明』は、エロ漫画の定番風に鳴美にとっての特異体質だったりする。
義明の姉『美弥呼』は、ロン毛の爆乳。
新任教師になりすまし鳴美をサポートする眼鏡の好男子風『御堂』は、陰謀を張り巡らしていたり。
あとはチョイ役程度しか登場しないので、著者の長編としてはまとまりはいい部類。
美弥呼の立ち位置が物語のキーポイントにもなってるけど、もともと構成力や心情描写力が不足してる著者なのでドラマティックに演出しきれないのがちょい歯がゆいかも。
まあ、エロ漫画家平均レベル程度の漫画力しか持ち合わせていないので内容的にはいつも通りの味付け。漫画として楽しみたい方にはお薦めしにくいです。
ただし、古色蒼然としたアニ絵タイプだったキャラデの雰囲気はアップ。
作画は相変わらず不安定ながら、特に鳴美と加耶のキャラデが秀逸で、充分魅力的になってきたのが買い。
美弥呼のキャラデについては文句を言いたいレベルで、影のある清楚にして淫乱な美形を狙ったと思しいのですが、ちょい古臭いです。

さておき、エロシーン全体の約半分が触手系。
オナかいっぱいのエロ描写と併せて、巫女装束+触手系が好みの方には充分使える物件。
エロ優先タイプの方へのお薦めです。

2 名前:S 投稿日:2007年12月14日
★★

う~ん……あくまで個人の評価だけど

別に巫女に興味はなかったが、触手と巨乳にそそられ購入。
女に関しては可愛さもエロ描写も、まぁイイかもしれない。

けど、この絵の系統の萌系を描く人って、な~んで男をないがしろにすんだろ…?
はっきり言って男も描けなきゃ、いつまでもアマチュアレベルに見えるだろうな…

せっかくのエロが男で台無しになるエロ漫画が増えてる気がする。(特に萌系)

後半は少しそれでイラッとしたので、厳しいけど評価は低くなった。

気にしなければ其れまでだろうけど、よく見る人にとっては萎えるねぇ…

3 名前:ロロ 投稿日:2007年12月21日
★★★

見誤りました

購入動機:表紙買い

内容は巫女と妖の戦いに最後はお家騒動という展開で触手Hが約半分

表紙の形の良さそうな爆乳に惹かれたのですが見誤りました
触手で持ち上げられているためで本編ではやや重力に負け気味
シーン毎で爆乳の大きさやデッサンが狂います
良くも悪くもありがちなエロ漫画です

4 名前:エロ趣向→羞恥心◎気強女◎ヒロピン◎戦う女◎仕方無く〇凌辱〇拘束〇触手〇ファンタジー〇長編〇諜報員〇 投稿日:2008年05月05日
★★★

【★基準】★1:使用不可★2:難しい★3:がんばれば使えるかもしれません★4:なかなか★5:げっそり

購入動機:作者買い

"坩堝"がよかったので作者買いしましたが、なんかパワーダウンしてない?という感じです。
ちょっと胸がでかすぎる・・・。爆乳レベルですね、個人的にちょっとなぁ・・・。
"坩堝"のお姫様にくらべるとヒロインの魅力が弱すぎるかもしれません。
今回はロリ成分も結構あるし、減点要素が多いかも。
たしかに表紙はすごくよさそうですね。表紙な感じでいけばよさそうでしたのに。
男性キャラはまぁ"坩堝"の時もこんなもんだったから別にいいんですが、怪物や触手が有効活用されてないような気がします。
Hシーン長いのにあまりエロくないのは画力と画面構成力が問題なのかもしれません。("坩堝"はヒロインに魅力があったので、そういうところが目立たなかったのかもしれません。)

魅力あるヒロイン描けると思うので、ヒロイン中心で描いたほうがいいような気がします。

5 名前:危険な果実 投稿日:2009年12月14日
★★★

もうちょい?

簡単に言うと巫女の姉妹が妖怪退治って感じです。
妹以外の姉やその他に出て来る女キャラは巨乳で
中々ですが、妹が幼児体型幼児キャラで結構メインで
出て来るのが、個人的にNGですね。
あと触手の責め等、カラミの見せ方が、中途半端なので
ストーリーは良くても絵的にイマイチ興奮出来ないところが
残念です。

名前: 評価:  
内容:

戻る
DODER



Copyright © 2008-2010 エロ漫画データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.02秒)