◆エロ漫画のレビューや売上ランキングなど。
 エロ漫画:21,196点  著者:6,327人  レビュー:11,801本  サンプル画像:8,410
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


エロ漫画のタグ一覧(抜粋)

ちょめちょめオトメ

[メメ50] ちょめちょめオトメ
著者:メメ50  発売日:2010年12月01日
タグ:
放尿 4P スクール水着 恋愛 水着 処女 巨乳  
サンプル画像:
なし
内容紹介:
『COMIC華漫』の風雲児・メメ50の初単行本!

性なるオトメたちの“ちょめちょめ”を詰め込んだムチエロ短編集です。
ワケあり4Pが熱い「らぶかる!」や生徒会長との密室プレイを描いた「ももいろ好奇心」をはじめ、定評のある濃密カラーコミックも20ページ超収録。
ハジメてなのに感じすぎちゃう1冊です。
価格:0
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
Amazon.co.jpちょめちょめオトメ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

レビュー
1 名前:ちょっぴりド変態 投稿日:2010年12月19日
★★★★★

期待の新星 とくにカラーは秀逸

新人で初単行本ということですが、そうとは思えないほど非常に作画力が高く、かわいい美少女キャラの「ちょめちょめ」が堪能できます。

特に著者のカラー作品が飛びぬけて見ごたえがあり、スク水のずらし挿入のシーンだけでも購入して良かったと思わせるほどの満足感があります。

これだけの実力を有する期待の新星、メメ50氏に拍手&感謝。これからも期待しております。

2 名前:WE102 投稿日:2010年12月23日
★★★★★

表紙で気に入れば買って損なし!

デビュー本で表紙のこの作画なら大丈夫だろうと表紙買い決行。結果は予想以上でした。


【作画について】

デビュー作~最新作迄の開きが約2年あり、~2009年と2010年で読めば分かる絵柄の違いがありますが
驚いたのは昔の作品が拙いというのではなく、それはそれで全体の他作品と比べても結構レベル高く
最近のものが更に高いレベルに登り詰めているといったある意味で贅沢な違いです。
特徴としては昔の作品は眼がパッチリして頭身を少し低くして小さなかわいい女の子を強く表して
最近の作品は表紙の女の子の様に少し鋭めの眼をしてスラッとして艶やかさを強調しています。

全員巨乳(姉妹もので胸の差を表している作品がありますが小さいと言われる方も充分大きいです)。
下の毛はあるキャラとないキャラが混在しており、濃さも年代等で上手く調整されてます
(これも姉妹もので片方は毛があってもう片方はないといった描き分けがあって味があります)。

表紙を見てもらったら分かると思いますが乳首の膨らみ描写と乳輪の艶はかなりのものです。
胸の揺れ表現もシーン毎に形(つぶれ具合)や方向が様々でとても良く工夫され生々しさが凄い。

惚け顔の普段顔とのギャップが活かされ(ギャップと言っても可愛らしさを損なわない違いです)
これだけでも充分にポイント高いのに、更に絶頂時の放尿表現やお尻のアップの迫力が兎に角特徴的で
キャラ達の気持ち良さや盛り上がりが読み手に見事に伝わってきます。

陰部の描き込みは中のスジ1つ1つ迄しっかりとなされ膣内強調の為の男性器の透かしや射精時の内部
図への切り替えも絶妙。体位も様々な体位を多く取り入れているだけでなく、同じ体位でも視点を変化
させ色々な角度や遠近から見せている工夫なので殆どの人の好みに当てはまる様な描写だと思います。

カラーと白黒のバラつきは個人的には全く感じず、カラーでは胸を中心とした全体的な艶
白黒では陰部のリアリティがより突出したそれぞれの良さが出ていて純粋に違いが楽しめるのではと。


【構成について】

白黒174ページにカラー24ページで全15作(その内完全カラー作品は4作でカラー含む作品は1作)

全て短編なので完全にテンポ重視の構成の為、最初からエッチで始まり回想に入って内容を補完する
作品や、普通に始まってもエッチに至る流れが速い作品が多いです。但し、純恋愛モノから浮気モノ
義兄妹モノ、流れから発展する作品迄実にバリエーション豊富で新人として見れば充分レベル高いと
思います。ただ、どちらかと言えば内容重視の方よりも描写重視の方の方が向いていると思います。

処女から非処女迄バランス良く組み込まれ、普通のエッチから4Pに至る迄シチュエーションも豊富。
これだけ沢山の人のニーズに応えた作品にはなかなか巡り会えないのではと思います。


正直、もっと多くのレビューがあがっていると思っていました。新人の作品だからかな?
個人的には2作目なんてどれだけのレベルになるんだろうと期待がすっごく膨らみます。
ハッキリ言ってもっと認知されても良いというかもっと知ってもらいたいと思わずにいられません。

3 名前:誰だ "私だ" 投稿日:2011年02月26日
★★

作画は評判ほどではない

レビュー信じて買ってみたけど、そんなに巧い!!!って程ではない。
ちょっと手の書き方が下手じゃないか?とさえ思える。
絵としては上手いかもしれないが、漫画としてはどうなのかな。
あと巨乳好き・・・じゃないな。奇乳好きなら使えるかもなー。

4 名前:よいち 投稿日:2011年03月31日
★★★★★

正直、ナメてた感はある……

土下座します。素晴らしかった。 タッチは繊細でありながら、新人とは思えないほどの画力と、余りある描写力とで各話ともに軸がはっきりしており、これが初単行本!?と疑いたくなるような造りでした。個人的に『めんくい!』で一躍有名になられたtosh先生にも負けず劣らずの出来映えで、いやむしろ凌駕しているのではないか、とすら思いました。 感動に震える――そんな経験を貴方にも。

5 名前:たちばなこうすけ 投稿日:2011年08月04日
★★★★★

表紙買いして正解だった

まず、この本を買ったら単行本のカバーをはずしてみましょう。 メメ50氏の初単行本にかけた愛がうかがえます。 絵は、悪く言う人もごくまれにいるようですが、そのへんのへぼエロ漫画家とは新人であることを度外視しても一線を画しているほど上手です。 tosh氏にひじょうに似たものを感じます。 ここからはボク個人の感想なのですが、 乳首の描き方が非常に好きです。特にカラーの。 ムチムチ感も好感が持て、シナリオのテンポの良さはまさに短編の権化。 気に入った話は、 'ココロユラユレ'と'ようこそ!快感海岸'です。 '償公女'は小公女とかけられていてタイトルのセンスが感じられました。買っても損のない作品だと思われます。

6 名前:真矢 投稿日:2012年03月17日
★★★★★

表紙で損をしている。

よく表紙の出来は良いのに、肝心の中身は…ってパターンが多い中、こちらは表紙が残念な出来なのに、中身は秀逸という珍しい?パターンです。
著者の新刊「りみっとぶれいく」は表紙と中身の釣り合いが取れており、そちらと謙遜無い出来ですので表紙に騙されず、手に取ることをお勧めします。

名前: 評価:  
内容:

戻る
アニマック



Copyright © 2008-2010 エロ漫画データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.02秒)