◆エロ漫画のレビューや売上ランキングなど。
 エロ漫画:21,496点  著者:5,890人  レビュー:11,766本  サンプル画像:8,410
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


エロ漫画のタグ一覧(抜粋)

NO IMAGE
著者:  発売日:0000年00月00日
内容紹介:
価格:0
◆通信販売で取り扱っているショップ◆

レビュー
1 名前:遊鬱 投稿日:2006年04月18日
★★★★★

一枚の絵画のように美しい世界

この作品が全年齢対応扱いというのは、判断された方人が単に性描写があるとかないといった通り一遍の査定を行ったのではなくて、きちんと作品そのものを評価されたのだと思います。

それは漫画としてではなくて、その美麗な絵が高尚な鑑賞品として評価されたのではないでしょうか?性描写はありますが、部分として切り抜いて評価すればそれはそそる類のエロ漫画に分類されるであろうに、全体として見るといやらしいどころか清々しい、むしろ上品な美を表現しています。ストーリーもストーリーとして上巻と違ってきちんと連続したものとしてあるのですがそれすらもそれぞれの絵に吸い込まれていくような不思議な気持ちにさせられます。

1巻も含めてお手元に置いて、折にふれパラパラと眺めるだけで幸せな気持ちにさせてくれると思います。

2 名前:Imeon 投稿日:2006年04月18日
★★★★★

いよいよ桃子と思信にスポットが

ことごとく女の子しか登場しない、
百合マンガの傑作『少女セクト』の完結編。

1巻は主役である桃子と思信の周囲の人々による、
1話完結型の話で構成されていたが、
2巻はいよいよ桃子と思信にスポットが当てられる。
一度登場した人物の再登場が多く、物語に深みがある。

絵柄は1巻同様、繊細で美麗。百合マンガとしては
これほど高いクオリティーの作品は少ない。
18禁マークは付いていないが、エロ度は増したと感じる。

構成は本編6本と番外2本。
桃子と思信の二人がからむストーリーが少し薄い印象。
番外1本で本編をもう1本増やしてほしかった。

厚み、質ともに値段の価値は十分ある。
1巻を買った人はもちろん、初めて手に取る人も
1巻とまとめて買ってほしい。
百合に興味のない人でも、百合が嫌いでさえなければ、
単なるエロマンガとしても十分楽しめる。

3 名前:百合普及委員会 投稿日:2006年04月19日
★★★★★

ベストセラーの仲間入り

このレビューの投稿時点でアマゾンランキングの本部門で2位につけているというのは、百合の大ヒット作以前に一般書としての地位を確立しているという所です。ストーリーについては申し分がない程で、あえて自分自身が感想を述べるのは不要でしょう。そしてこの本が単なる「百合の大ヒット作」ではなく、百合というジャンルを一般向けに開放したという点においてもこの作品は大きな貢献をしたという事です。

4 名前:AM 投稿日:2006年04月19日
★★★★★

1巻が良かったので

百合は読んだ事が無かったのですが表紙を見た瞬間に
1巻を購入をしてしまいました。
また内容も良かったので2巻も購入しました。
絵は白黒もカラーも絵がきれいでした。
話は1巻は一話完結でしたが2巻は、
主人公を軸に物語が進んで行ってトテモ面白かったです

5 名前:sekizono 投稿日:2006年04月19日
★★★★★

我々は九ヶ月も待ったのだ…ジークセクト

少女セクトついに下巻が発売なのよー。
某Fateのセイバーに見えなくもない主人公の桃子と
藩田さんの恋の行方はいかに…。
上巻に続き制服の種類の多いこと多いこと。
裏表紙に麒麟をモデルにした一覧があるけどよくまぁ
作者さんはここまで制服にこだわったもんだと小一時間。
上巻同様に雑誌掲載時に比べてかなり加筆・修正が加わってて
一度読んだことある人も比べて見ると面白いかもしれんね。
個人的には思信一筋だったまーやが最後ら辺で桃子スキーに
なってたのにワラタ。
あと桃子、怒りにまかせて消火器で人を殴っちゃダメよ。

6 名前:イヴァン 投稿日:2006年04月20日
★★★★★

健全な印象

掲載されていた雑誌が雑誌なのでなかなかに濃い性描写がまま見られますがなぜでしょう。どことなく健全な印象を受けました。登場人物の女の子達は皆一途で純心、濁りのない瞳で意中の同姓を見つめています。この2巻では主人公の内藤桃子と1巻で彼女に想いを伝えた藩田思信の二人をメインに話は進みます。見所はオマケまんがの後日談。後日過ぎです。

7 名前:むらさめ 投稿日:2006年04月21日
★★★★★

綺麗な恋だけしていたい2。

主人公の少女の女同士の恋愛を描いた漫画です。
第1巻との大きな違いは1話完結形式ではなく連続したストーリーである点です。
本巻の著者が連載形式のストーリーテラーとしても優れた才能を持っていることが分かります。
成年指定ではないので、性行為そのものを期待する方にはお勧めできません。
また、前作と同様、男は一切登場しません。この潔さがいい。
台詞のひとつ、仕草のひとつが大変キレイに丁寧に描かれていて目の保養になります。
女同士の恋愛もいいんじゃない、と思える方にお勧めします。

8 名前:通りすがりの大学院生 投稿日:2006年04月23日
★★★★★

箱庭の綺麗な物語

1巻がすごい引きで終わっていて、続刊を心待ちにしていた「少女セクト」が2巻にて完結しました。女子校を舞台に少女同士の恋愛を描くいわゆる「百合」で、エロ漫画誌掲載なのでSEX描写もありますが、ソフト路線で成人指定もはずれています。

本作は寮生活を送る少女たちを登場人物としたオムニバス形式の群像劇で、外界から閉鎖されることで形成される内部の濃密な空気感をうまく表せていると思います。女子しかいない社会の現実的なえげつなさや汚らしさは全て無視して「幻想の女子校」をつくりあげながらも、どこか(一般的な意味でのリアリティとは別種の)生々しさがあって「マリみて」的なユートピアとはならないバランス感覚は絶妙です。

個人的に連想するのはマンガではなくて恩田陸の小説「麦の海に沈む果実」。背後にある膨大な物語の奥行きを感じさせる(悪く言うと設定を消化できていない)感じとか恩田陸っぽいですね。そう言う意味では「百合もの」というよりも「寄宿舎もの」として強く印象に残った作品で、少年と少女という違いはあっても実は「トーマの心臓」の正嫡なのかも(というのは褒めすぎか)。

9 名前:奈々氏 投稿日:2006年04月23日
★★★

うーん

分かりづらい独特のストーリーに、
顔が似ていて判別しにくいたくさんの登場人物。
ハイレベルな作品ではあるけれども、人を選ぶ漫画だ。
百合が大好きな人に。

10 名前:絶対服従 投稿日:2006年04月25日
★★★★

2の方が面白い

今回は、前作の続編ということでしたが、前作は行為のシーンのみが
目立ち、あまりストーリー性が無かったのに対して、
今回は主役桃子の気持ちや時間の流れがはっきりしており読みやすいです。
私的には桃子の始めての相手、先生(1話のみの出演)との絡みの話が好きでした。
先生は結局吐血し療養のためいなくなってしまいましたが・・・

11 名前:トンボ 投稿日:2006年04月29日
★★★★★

幸せになれます。

成人漫画になれていない人には抵抗のあるHなシーンもあるかもしれませんが、それはなくしては成立しない物語でもあります。
内藤桃子を介在に複数の登場人物たちが一羽完結していく1巻とは異なり、藩田思信・内藤桃子の恋を主軸に諏訪部麒麟・燕城寺真弥の関係が描かれ、好きだからこそ「カラダにさわりたい」という思いは切なく、キスにいたるまでのすれ違いが胸を突いてきます。
複数の人とのHは奔放でタブーな恋とされ、純愛とは対極の存在とされていますが、桃子の思信への感情のゆらぎとともに「好き=独占」という価値観から解放された関係に惚れ惚れとさせられます。
丁寧に作られ、愛されるべくして誕生した物語です。

12 名前:frammento 投稿日:2006年05月03日
★★★

もっと起伏感があると良かったかもしれない。

2巻しかないし、続刊ものなのでとりあえず1巻から読むことをお薦めします。

後半戦は主人公の恋愛を成就するストーリーですが割と展開がベタであり似ているキャラクタの見分けが出来なかったり読者を混迷のどん底へ突き落としてくれたり一山ある展開の割にはその高さは50mぐらいしかなかったり読んでいて「えっ」と思うところあり。作中の独特のリアリティの出し方は人を選ぶようです。

とは言え後日談含め、1巻から通して読むと全体的なまとまりはあり、読んで損は無いと思います。

13 名前:れい 投稿日:2006年05月07日
★★★★★

やっぱり好きです

1のときから心待ちにしてました。個人的には麒麟がすきだけど2をよんでかなり桃子が好きになりました少女セクトをよんで女の子とキスしたくなりました

14 名前:RVR-42 投稿日:2006年05月14日
★★★★

個々のシチュエーションは非常に素晴らしいのですが…

1巻のラストで関係がギクシャクした二人が、色々有って結ばれるまでを描いた完結編なのではありますが、全体的な脚本が所々雑に感じられるのが難点かなと。たとえば、重要なイベントが片っ端から数珠繋ぎシナリオ状態なのは残念な限りというかそんな感じで。…ってか、正直言って最後の「事件」の件は一番の盛り上がりどころのはずなのに、別に無くても大局には影響を与えないような、とか何とか。
とは言え、魅力的なキャラと独特の台詞回しはなかなか良い感じだと思うんで、百合モノ(というかレズモノか)が好きな人なら買っても損は無いんじゃないかなと。

15 名前:飛鳥 投稿日:2006年05月31日
★★★★★

お勧めです

友達に薦められて1を買いましたが綺麗な絵で抵抗なく読めました、2巻も心待ちにしていた感ですね、ただ1巻の思信と2巻の思信のキャラのギャップにちょっと戸惑うかも?ただ駆け足で話を大団円にまとめているのでガチャガチャした感はあるかも??しかし教室の入り口をぶち破る勢いで消火器でぶん殴ったら死にますって^^;

16 名前:maiko 投稿日:2006年06月18日
★★★★★

綺麗な絵

表紙が綺麗だったので内容もあまり気にせず買ってみました。やはり、絵は綺麗でした。とっても好きな絵です。話の内容も少女どうしということで、こんな恋愛もありかなって思います。(●^。^●)

17 名前:トレジャーハンター 投稿日:2006年06月25日
★★★★★

セクトのナニが百合の最強なのか?

人それぞれ違うかも知れないけど俺が個人的に感動したのは
女の子200%でエッチしてる事、シンプルな言い方だが、実はこれが凄い事なのである

大抵成人向けで女の子同士を探すと、完全に女の子同士で徹してる作品なんて宝クジ並に
出会えた験しがない
やれ「実は女装した男が主人公でした」「実は女の子が性器だけ男モノを実装してます」とか
「実は既に彼氏持ちか男と×ってます」とか
男×男100%が容易に見つかるBLに比べると、難易度はケタ違い~

そんな不純物が無く、女同士のエロを激し過ぎずぬる過ぎず、ごく自然に昇華させた功績は
大きいし~今後このような百合エロのヒット作が出る事も多くないかも知れません
でも作者さんとか、他の人がこの作品の影響で色んな百合作品を出してくれる事を願いたい
です

もしも少女セクトがイマイチだと言う人は、これを越えるエロ百合作品を教えて下さい
(ただし3Pやふ××り等の百合に程遠いのは除いてな)

最近流行りの百合を「3P、女装、ふたなり」ブームと勘違いしてる人は、この作品を100回読んで格の違いを思い知って欲しい

18 名前: 投稿日:2006年06月30日
★★★★★

あったかい作品でした

一巻とは違って一つのストーリーにしぼってある為か、お話も分かりやすく好感が持てました。ネタバレさせたくないので詳しく書く事は出来ませんが、上のタイトルの通り、あったかい作品でした。好きな相手だからこそ見せる事の出来る顔。そんな表情を見ていたら、自然と優しい気持ちになれました。そして、やはり絵がきれいですね。なんか透き通る様な感じがして、このお話にはぴったりの絵柄だと思います。 百合っていうジャンルに分けられてはいますが、その人がただ好きなだけ。そう確かめられる作品でした。少しでも興味のある方は是非、購入されてみてはいかがでしょうか。厚くて読み応えもありますよ! 最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

19 名前:ユキまさ 投稿日:2006年07月01日
★★★★

台詞が絶妙

ありがちなエロ漫画とはひと味違う読ませる台詞が上手い。登場人物の多さやただやってるだけ…なところを、台詞で上手く補っている。かといって説明臭くはない。二人の関係や当人の想いを匂わせる程度の距離感なのだ。ちょっと掘り出し物を手にした気分。

20 名前:きりん 投稿日:2006年12月04日
★★★★★

百合本としては他に類無き傑作

これを見ずして百合を語るな!!といわんばかりに素晴らしい作品である。
物語のメインテーマは、生真面目で、大食いだが腰の細い桃子と、女の子が大好きで
自由奔放な生き方をしている思信との恋愛である。1巻では2人を取り巻く女学生達の
恋愛話がメインだが、2巻からは桃子と思信の恋愛談が本格化してくる。
個人的には思信にやられた。ぼろぼろに。だが、2巻の思信より1巻の思信が私は好きだ。
そう思える位に、1巻と2巻では、2人のキャラが違う。それがまた面白い。

また、作者の方の人物描写の巧拙さが秀逸。男性作家が描くようないかにもエロ、
というような濃い描き方でなく、かといって、女性作家が描くような現実離れした
線の細くて目の大きなお嬢様お嬢様した画でもない。
百合作家で現実と虚構のバランスのとれた画を描く人は珍しい。貴重な人材だと思う。

百合姫、なにしてるん?こんないい作家さんがいるのに、君等がこの人を使わないで
どこの雑誌が使うんよ。このレビュー呼んでたら今すぐにでもオファーしなさい!!(^^

21 名前:ツァラトゥストラ 投稿日:2007年04月29日
★★★★★

純文学的作品

エロ雑誌に連載されていた作品だったけれども、これはエロにカテゴライズされない、純文学作品のような気がする。魅力的な登場人物、優しいペンタッチ、絶妙なセリフ回し、そして淡い恋愛模様・・・。すべて読み終わったとき、なんだかいい気持ちになります。ぜひ読んでみては?

22 名前:イタリー 投稿日:2007年08月09日
★★★★

ハマる

一話完結型の、女の子同士の恋愛話。
特別な子というわけでもなく、特別な設定もなにもなく、
ただごく普通の女の子同士が出会って恋していちゃいちゃして。
そんな百合っ子の日常を垣間見たいという方には
とてもおすすめできる作品。

絵柄は小奇麗でとても可愛いらしいんですが、
どの登場人物も似通って見えてしまうところがあり、
誰が誰だか台詞を注意して読まないと分かり辛いところがあります。
そのため☆は4つ。
登場人物をしっかり把握した後でもう一度読み直すと、ハマると思います。

23 名前:藤原ぱるる 投稿日:2007年08月20日
★★★★★

百合系エロ作品の最高峰!!!

他のレビューも絶賛していますが、私の知る限りこのカテゴリーで”最高のでき”です!!
特に、だらだらと続かず、2巻のうちでくっきりとまとめた意図の強さも好感です。

前半最後、桃子に告白した思信だが、桃子は反発し思信は落ち込み。
そんなところから後半はスタート、すれ違う二人の心情がメインになっています。
そんな中で思信がカワイ過ぎです。
思信は、ある種、ツンデレなんでしょうね。
前半では、超然として、身勝手で、女の子はみんな自分の事が好き。くらいに思っていたのが。
思信が好きな桃子にだけは通じず、動揺して、ツンツン部分が崩れていきます。
裸になっていく心はとても可愛いです。
互いを呼ぶ名前、そして言葉やアイテムがうまく、つながっていて心を撃ちます。
最後には思信ちゃん、よかったね。って思っちゃいます。笑

その後のおまけの話には、完全に開けた思信の日常もとても好感がもてました。

あとカバーめくるとパンツが透けます。
サービス精神たっぷりですね。笑

24 名前:須藤マユラ 投稿日:2007年09月10日
★★★★★

2巻が本当の少女セクト

1巻を買って、「やっぱり百合の世界はまだ絵が良いだけで過大評価されちゃう時代なんだなー・・」と寂しくなりましたが、消化不良なので2巻も買ってみました。

面白くて仰天しました。

思信に告白されてからの桃子の隼人先生との関係など、女の私でも共感できるようなシーンが多々あり、とてもストーリーが練られている様に感じました。
1巻だけでやめなくて、本当に良かったです・・!

次回作がとても楽しみです。

25 名前:ゆず 投稿日:2007年12月22日
★★★★★

凄く面白かったです

私は一巻より二巻が断然オススメです!
主人公の桃子がやっと主役らしく話がすすんでくれます。
思信様は一巻の雰囲気が好みではあったのですが、
二巻は二巻で可愛らしくてよかったと思います。

最後の最後に書いてあるページまでとてもおもしろかったので
気になっている方がいれば買いだと思います!
絵も表紙というほど変わりませんし、
Hシーンも綺麗で女性でも読めると思います。

26 名前:M4A3 投稿日:2008年03月16日
★★★★

内容が

1巻と2巻どちらも読みました

絵柄についてはとても丁寧で大変上手いです
百合ものですのでHシーン登場人物の心情描写等含め
そのへんの描写もよかったと思います
ただ、私は話の筋としていまいち世界観や
キャラクターの心情に入りこめることが出来ず
なんとなく全体的に上滑りしている感じを受けました

☆4個つけましたが世界観に入り込めなかったので気分的に☆3,5個です
繰り返しになりますが絵柄は申し分ないので
百合ものとして十分お勧めできる作品ですが話の筋に関しては
各自の判断におまかせするといったところでしょうか

27 名前:飛鳥(´∀`) 投稿日:2009年06月20日
★★★★★

マリミテよりストパニ好きに

百合だけエロいペラっとした作品より重く登場人物の感情や家庭環境ばかりな作品より軽いこれは百合好きなら是非ですね絵も綺麗だし、微妙な乙女心もうまく表現されるし、みんな行動的なのが好みですただ、ラスト後の想像はしにくいですねでもそれが逆に重くならなくて良かったかも!

名前: 評価:  
内容:

戻る



Copyright © 2008-2010 エロ漫画データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.07秒)