◆エロ漫画のレビューや売上ランキングなど。
 エロ漫画:21,196点  著者:6,327人  レビュー:11,796本  サンプル画像:8,410
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


エロ漫画のタグ一覧(抜粋)

NO IMAGE
著者:  発売日:0000年00月00日
サンプル画像:
なし
内容紹介:
価格:0
◆通信販売で取り扱っているショップ◆

レビュー
1 名前:天然猫肉汁アリス缶詰 投稿日:2008年09月26日
★★★★★

桁外れな漫画力に加わったエロへの踏み込みの急速進化に、作家としての誇りを観る。

★5の特上。
『マは小悪魔のマ』と同日発売な著者の成コミ5冊目にして通算7(8)冊目。
巻頭カラー4頁含む、星の奇蹟にちなんだ、青年と女生徒の邂逅『地上のすばる』は、本来巻中に在るべきシーンを巻頭に回すというエロ漫画の掟に強く縛られてしまってるし、もうそろそろ情景描写こそをカラーにする時代が個人的には来て欲しいけど、大宇宙への憧憬と、ひた走る浪漫が止まらない、希有の名作。
恋が失意に代わったとき、青少年型ロボットに想いを転嫁する女生徒の、至福と不幸『ロボットのゆりかご』。
恐怖心から最後の一線を越えられない女生徒の心の有り様を『人はなぜ異性を求めるのか』という遺伝子レベルの要求から訴えた『無原罪の御宿り』は、単性生殖から脱皮する冬のミジンコクラスな感動作。
海野流人魚伝説『入魚の入り江』。
海野流化け猫伝説『箱の中の猫』は、『シュレディンガーの猫』をモチーフにして『魔女狩り』を謳った逸品。
そして巻末作『ウツツのハザマ』は、そのまま裏表紙へと続き、カバー内を経て、表紙へとリフレイン。
各々1頁の作品解説アリ。
幻想漫画手法で想いと浪漫を謳った平均34頁の分厚い物語6編。

ヒロイン全員ショートカット貧乳なミドルティーンで統一。

魅せたいのはあくまで漫画なんだけど、エロへの踏み込みは格段に進化し、男女の奏でる想いの空間力と併せて、あっという間にエロ度水準値突破。

作風自体が『抜かせるための展開』ではないためエロ本指向な方には微妙だけど、ふたりの想いを肌と肌のぶつかり愛で描いた濃いエロ空間が眩しすぎ。
局部描き込みはリアル。
ハードコア的にはアップ不足も引き絵が抜群。
フェチ的には精飲に至らなかった2編の展開がちょっと甘め残り。
乙女の符号満載。
キュンキュンも満載。

全作品激愛。

個人的にはともかくも、そろそろ本腰入れて、一般で大人向けSFファンタジーを描いて欲しい昴蝕。

2 名前:ロロ 投稿日:2008年10月25日
★★★

辛口評価でスイマセン

購入動機:表紙買い

内容は現代ファンタジーですべての女の子は初めて

ちょっと辛口でいきます
話の内容は大事にしていたモノや想いなどが擬人化したり
人魚の伝説があるところで可愛い女の子に出会い、人魚と思って接したりと
まぁ現代ファンタジーではよくある話

なぜ辛口かというと作者がどう思ってるかわかりませんが
受け手の自分としては作者がエロマンガじゃなく
一般向けを描きたい的オーラを感じたからです
エロだけでなく、いずれは一般誌でと考える人は多いでしょうけど
作品からそれを感じるのはちょっといただけません

自分としてはエロマンガとしても話の内容としてもオススメできませんが
マンガは巧いので初々しさなど感じたいのであれば問題ないと思います

名前: 評価:  
内容:

戻る



Copyright © 2008-2010 エロ漫画データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.07秒)