◆エロ漫画のレビューや売上ランキングなど。
 エロ漫画:21,196点  著者:6,327人  レビュー:11,795本  サンプル画像:8,410
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


エロ漫画のタグ一覧(抜粋)

淫愛サイズ

[家内制自転車操業。] 淫愛サイズ
著者:家内制自転車操業。  発売日:2012年07月25日
タグ:
足コキ 人形 調教   
サンプル画像:
なし
内容紹介:
価格:1,028
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
Amazon.co.jp淫愛サイズ (富士美コミックス)

レビュー
1 名前:金吾庄左ェ門 投稿日:2012年07月25日
★★★★★

7年ぶりの続編「はんどべると2」

著者7年ぶりの新刊で、前作「粘膜交慰」に収録されていた傑作「はんどへるど」の続編である「はんどべるど2」及び書き下ろし「同3」だけで星5つの価値が十分にあります。
ひょんな事から人形サイズになってしまった姉。そんな姉に冷酷かつ無邪気にしたい放題で見事なまでのドSっぷりを発揮する妹ですが、その裏には、お姉ちゃん大好き。お姉ちゃんといっぱい遊ぶの。だからお姉ちゃんにいっぱい気持ちよくなって欲しい。という妹のとてつもなく大きな愛が感じられます。若干、絡んでくる弟への配慮を忘れない優しさも良かったです。担任にもきっと優しいのでしょうね・・・
大きな女性の前でただでさえ小さい男性がより小さく無力に見え、その力に従わされる「小さな僕は大きなあの娘と」
妹に徹底的に足で踏みつけられて調教される兄を描く「妹の足下で」も良かったです。

2 名前:umakura8102 投稿日:2012年09月05日
★★★★★

極端な設定の影に隠れたリアリティ

これは、端的に言えば人形のようなサイズになった女やら男やらを、サディスティックな女性が弄ぶエロマンガだ。

人形のようなサイズになる理由は、仮想空間だったり古代のアイテムだったりするがこのあたりの理由づけはやや乱暴で稚拙だ。
ただ、『小さな僕は大きなあの娘と』や『妹の足下で』ではところどころでリアリティのあるセリフが光る。

ホームレスになった小柄な主人公が口移しで後輩の大柄な女性に食べ物を食べさせられるシーンの「ああ…でもまともな食べ物なんて久しぶりで…」は非常にリアリティがある。
また、妹に「お兄ちゃん今年は私立の医学部も受けたのに結局3浪しちゃって」と落ちこぼれた兄が言われるあたりも秀逸だ。(2年は国立の医学部のみを受けて3年目から私立も受けるというのは、この手の家庭ではありがちでリアリティがある。自分は進学校出身だからよくわかる)
後は兄が昔、自分が落ちこぼれてなかった頃に妹が悲しい思いをさせたことを謝るシーンを受けての妹のふきだしの外のセリフ「まあ……あえて恨むなら両親かな」の手書きには世間体ばかりを気にして子どもそのものを愛さない親を持つ子どもの悲しみが、その家庭で助け合う兄弟の姿が浮かび上がってくるようだ。

学歴社会、格差社会の弊害、悲しみを繊細に表現する力量は卓越している。
フェティッシュなエロマンガの枠を超えた傑作だと思う。
これからの作者に期待している。

名前: 評価:  
内容:

戻る
コスプレっ娘通信



Copyright © 2008-2010 エロ漫画データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.05秒)