◆エロ漫画のレビューや売上ランキングなど。
 エロ漫画:21,196点  著者:6,327人  レビュー:11,795本  サンプル画像:8,410
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


エロ漫画のタグ一覧(抜粋)

黄泉のマチ

[町田ひらく] 黄泉のマチ
著者:町田ひらく  発売日:2006年10月14日
タグ:
狂気 
サンプル画像:
なし
内容紹介:
これが、世界最高のポルノグラフィー。それは少女を犯すためだけに存在する組織・団体・会合・集団。名前などない。そこへ流されてきた薄幸の少女達は、裸にむかれ何人もの男達の相手をさせられる。華奢な肩を震わせ、薄い胸を上下させ、小さな腰をくねらせながら、少女は精を受け入れる。まだ幼い子宮がいっぱいになろうと何度も、何度も...雑誌「COMIC LO」掲載作品に大幅加筆修正。町田ひらくが描く少女猥画の到達点。収録作品:「たんぽぽの卵」(其の壱-六)「手をとりあって黄泉の国」「お絵描きロビンフッド」
価格:967
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
Amazon.co.jp黄泉のマチ (TENMA COMICS LO)

レビュー
1 名前:sirou55 投稿日:2006年11月15日
★★★★★

待望の刊行

茜新社のロリータ雑誌「『COMICLO(エルオー)』に載った著者の作品を集めた単行本。「大人のメルヘン」を描いてあるが、設定がえぐいのが特徴。虚無的な静けさが漂う、この手の作品では異質な逸品。

2 名前:天然猫肉汁アリス缶詰 投稿日:2007年02月05日
★★★★★

『町田少女文学漫画』の最高峰。でも絶対に通過点であって欲しい一冊。

大人社会が産み出した汚い現実世界に足を掬われて、不幸な境遇に喘ぎ苦しみながらも前向きに生きていこうとする少女たちを描きつづけてきた著者の記念すべき10冊目の単行本。
少女を犯すためだけに存在する名もない倶楽部で日ごと繰り広げられる狂気の宴『たんぽぽの卵 1~6話』は、著者がこれまで描きつづけてきた不幸物語の集大成的作品で、無論まだまだ続いている。
たんたんと描かれた物語の中に少女たちの生き様がぎっしり詰まっている。
大人たちの汚ささえ少女たちを引き立てる小道具にしかすぎない。
ときおり吐き出される少女たちのわずかなセリフと表情から読み取れる彼女たちの人生に涙する。
「生きよ」と、そう願いたくなる物語。
ほか、『手をとりあって黄泉の国』『お絵描きロビンフッド』という傑作短編2編も収録。
絵はますます雰囲気を増し、物語は2冊目『卒業式は裸で』のテイストに磨きをかけたタイプ。エロ的直接表現も10冊中ベスト。
文学系エロ漫画が苦手じゃない、すべての少女ファンな方々と、物語のある秀逸なエロ漫画好きの皆様には超お勧めな一冊。
でも気楽に明るいお話で抜きたい方や、絵柄や体系が好みじゃない方まで無理して購入するべきじゃないと思うけど。
ベテランであっても満足しないで、まだまだいろんな挑戦をしてください。
ともあれ10冊目おめでとうございます。

3 名前: 投稿日:2009年02月18日
★★★★★

やっぱり イイ。

やっぱりスゴイ っていうか コワイ。町田ひらく作品は読むたびに ドキドキする。なんか怖くて。自分のなかの何かが目覚めそうでコワイ。女の子のカラダの線がリアルです…。

名前: 評価:  
内容:

戻る



Copyright © 2008-2010 エロ漫画データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.02秒)