◆エロ漫画のレビューや売上ランキングなど。
 エロ漫画:21,196点  著者:6,327人  レビュー:11,796本  サンプル画像:8,410
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


エロ漫画のタグ一覧(抜粋)

暗闇に咲く花

[中村錦] 暗闇に咲く花
著者:中村錦  発売日:2007年12月07日
内容紹介:
価格:0
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
Amazon.co.jp暗闇に咲く花 (MUJIN COMICS)

レビュー
1 名前:天然猫肉汁アリス缶詰 投稿日:2007年12月09日
★★★★

化け物に触手に蹂躙されまくる女体の神秘な、凄まじいばかりの暗黒幻想譚。

★4の中。
著者の5冊目は、3冊目『東京鎮魂歌』と世界観を共有する、別物語で、既に『ソドムの島』として発売されているエロゲーの企画段階でオミットされた元来のシナリオを再構築した内容で、プロローグ『水の記憶』+正編全6話+BAD END版前後編の仕様な、カラー12頁含む、まるごと表題作『暗闇に咲く花』の一冊。

さて本作の舞台は、日本との時差が僅か1時間という南太平洋の島で、その島では一般人には認識不能な霊的複合体資質の女性を媒体にして、世にもおぞましい狂宴が繰り広げられていた。
町内会の福引きでラッキーな海外旅行を引き当てたばかりに数奇な運命の罠に囚われるヒロイン。
さらに零課の女性構成員たちが絡む図式で物語は進行。

台詞とナレーションで中途半端にたたみかける作風自体は相変わらずで、物語の全貌を一読で理解するのは甚だ困難。はしょるべきははしょり作画で魅せ、本筋に直結する部分をきっちりコマ展開で説明し、重要人物の立ち位置くらいは予め解りやすく提示するくらいの構成能力があればとも思うけど。

単体一枚絵として見れば美しくも、コミックとしての表情がともすればオーバーアクションに映ってしまうくらい冷め冷めとしたキャラデは相変わらず古臭いと思うし。

基本はダークなファンタジー。

化け物やら触手やら、果ては、臍交合やら脳髄交合やら、グロ度も相当高いアイデア豊富なハードエロシーンがてんこ盛りなのが最大の魅力。

精神崩壊寸前な女体蹂躙描写が凄まじいのひと言だけど、気色悪さを際だてるための演出手段として化け物×美女のキスシーンが欠如してることだけが残念。

表情の硬い絵柄・ダークなファンタジー・解りにくい展開・グロや残酷描写が苦手な方、および軽エロラブエロ萌えエロファンな方は絶対にパスしてくださいませ。

グロエロ系暗黒幻想譚が好みな方へのお薦めです。

2 名前:ロロ 投稿日:2007年12月14日
★★★★

圧倒的なエロさ

購入動機:表紙買い

内容は現代世界の設定でのファンタジー 触手で陵辱モノ

あとがきで作者が書いているようにゲームの企画から生まれた作品のため
ゲームの内容を知らないと全くストーリーがわかりません
自分もゲームを知らないので話の内容には正直ついていけません
ですがそんな事がどうでもよくなる程の圧倒的なエロさ!
男が出てきても女性を主体に描き男の体は省き
女性がよがり悶えるシーンの連続で
大量の汁を描きながらもそれらが邪魔にならない画力は見事

エロさは星5つですがやはりゲームを知らないと残念な面があるし
大量の中出しや触手などのボテ腹表現も好き嫌いがあるので(自分はボテ腹が苦手)
星4つとしました

3 名前:乱れ桜 投稿日:2008年02月06日
★★★

好みが分かれそう

ゲームから派生ということで、ストーリー性を求めるのが難しいのか、作者の技量の問題か。
ともかくも、まとまり感はまったくといっていいほどないという印象です。
誰を主として見ればいいのかもわかりにくいし、展開が速いというよりは、話をはしょっていたり、差し込んだ話やナレーションが余計展開を混乱させたり。ちょっともったいない感じです。
話を楽しむよりはエロの内容を楽しむ本なのかも。普通の陵辱から、輪姦やら化け物やらと盛りだくさんですから、何かしら自分の好みのプレイがあったりすれば、まあ読めるでしょう。個人的には1回読めばもう十分、という感じですが。
今後に期待です。

4 名前:エロ趣向→羞恥心◎気強女◎ヒロピン◎戦う女◎仕方無く〇凌辱〇拘束〇触手〇ファンタジー〇長編... 投稿日:2008年05月01日
★★★★★

【★基準】★1:使用不可★2:難しい★3:がんばれば使えるかもしれません★4:なかなか★5:げっそり

購入動機:評価が高かったので

みなさんレビューで書いとられますが、ストーリーはまったく意味不明よくわかりません。
しかし、ストーリーなんて二の次、ストーリーなんて飾りです偉い人にはわからんのですよって方にはいいんじゃないでしょうか。
エージェントが捕まって、いろいろ凌辱されます。こういうシチュエーション好きな方は燃えるかも。
まぁ注意事項も多いんですが、レズ?、フタナリ、ボテ腹、触手、怪物・・・普通の♂はあんまいませんな・・・
私の苦手な要素も多いんですが、好きな要素が多いのでおすすめです。エロいんですよこれが。
まぁ人選びそうですがね・・・

5 名前:number 6 投稿日:2008年09月17日


同じようなシーンが延々と・・

もうなんというかおなかいっぱいです。
同じようなエロシーンが延々と続きます。
デッサンがおかしいし、不自然な感じなので読み続けるのが苦痛。

最大の問題はストーリーがほぼ存在しないこと。
意味がわからない。
なんかこれ抽象絵画とかの世界ですか?

6 名前:Heroci 投稿日:2009年02月09日
★★★★

よむんじゃない、感じるんだ!

あとがきによると、 ゲーム企画のうち、結局ゲームに取り入れられなかった筋をコミック化したそうです。

ゲーム画面をコミックで見てる感じです。

ストーリーは、それほどわかりづらくないが、
わかる必要はないと言うか、
そもそも複雑な筋書きは最初から存在しないようです。

主な登場女性は4人で。

無数の触手に全身を嬲られまくってます。

あり得ない超巨根に前も後ろもハメられ掻き回されまくります。

子宮の奥までズボズボ犯されてます(断面図付きなのがエグい)。

よがり狂って快感にのけぞり、涙を流しヨダレを垂らし潮吹きまくり、何だか不明な汁にまみれてます。

最初から最後まで、こんなぶっ飛びシーンが続きます。

ヒロインは福引きで旅行を当てた大学生らしいですが、
ヒロインを助けるはずの女エージェント2人の場面がほとんどで、
エージェントはもう完膚なきまでに凌辱されます。

ゲーム風に言うと、Good Endの展開・Bad Endの展開、両方が収録されてます。
グッド・エンドでは女の子達は元の世界に戻ってきますが、
バッド・エンドでは、呪いやら魔術やら精霊やらのいる、あっちの世界に行ってしまいます。

かなりハードでグロい凌辱ものなんですが、
精霊とか魔術とかに支配された世界観と、絶対あり得ないハード過ぎる展開のため、
現実味がなくて、悲惨な感じはしません。
読後感は、ただただ呆然としました。

ファンタジーな世界とハード・エロの合体という点で、ある意味貴重な作品かと。
ハード、グロ×だとキビシいかも。

名前: 評価:  
内容:

戻る



Copyright © 2008-2010 エロ漫画データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.03秒)