◆エロ漫画のレビューや売上ランキングなど。
 エロ漫画:21,196点  著者:6,327人  レビュー:11,795本  サンプル画像:8,410
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


エロ漫画のタグ一覧(抜粋)

銀竜の黎明(4) (銀竜の黎明)

[向正義] 銀竜の黎明(4) (銀竜の黎明)
著者:向正義  発売日:2012年03月30日
サンプル画像:
なし
内容紹介:
価格:1,296
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
Amazon.co.jp銀竜の黎明(4) (銀竜の黎明) (フランス書院X COMICS)

レビュー
1 名前:奈々氏 投稿日:2012年03月28日
★★

まさかの触手モノ・・・

集団レイプ&中出しでこの手のジャンルの漫画では最高峰の作品だったのに、最終巻はかなり期待はずれでした。

まず、エロ漫画なのにストーリーを重視しすぎです。王家にまつわる陰謀とか男どもの密談とか、王道ファンタジー漫画やラノベじゃないんだから、どうでもいいです。エロ漫画なのにストーリー中心でエロが添え物になってます。年季の入った、ストーリー面でも力量のある漫画家さんにありがちなミスを犯してしまった感じです。

何より、女性キャラを犯すのが男ではなく変な生物になり、漫画のジャンルが触手ものに変わってしまったのが謎。いかにもゲスな男が、嫌がる高潔な美女や可憐な美少女に無理矢理犯し中出しする所がこの手の漫画の魅力。感情の無い生物が、調教やクスリで既に墜ちてしまった女性相手に疑似精液を出しているのでは、この手の漫画として全く駄目です。後半、王道的なレイプシーンもありますが、対象が非処女一人だけで、かつすぐに墜ちてしまうので、イマイチです。

最後に、ストーリー重視のツケもありますが、単行本がやたら分厚くて高いです。「実用面」も考えて、もっと薄く、1000円以下で出して欲しかったです。

1巻や3巻の出来が良く、長く期待して待っていただけに、この内容にはかなりガッカリさせられました。

2 名前:うきうき 投稿日:2012年04月01日
★★★

待ちに待ったのだが・・・

1~3巻を再販版ではなく、初版を購入してから待つこと5年。ようやく完結巻が出ました。非常に期待していた(期待しすぎていた)為ハードルが上がりまくっていたのかもしれませんが、感想としては、もう一越え欲しかったかなという感じです。

2~3巻でレイドールに調教されまくったセレスは、シアとリタに助け出され脱出を試みるんですが、そこは当然失敗して再び捕まり、シアとリタは素体に改造され、セレスは今度こそ完全に堕とされてしまいます。その堕ち方ですが、「奈々氏」さんが仰っているように、触手をだす装置で堕とされます。まぁその場面では他にも既に堕ちた銀竜師団の幹部達がいて、触手と絡んだり、セレスを精神的に追い込んだりするんですが、ここまでの流れから、やっぱり最後の一手を指すのは生身の男であって欲しかったかなと・・・そしてこれが終わると、後はセレスの絡みはダイジェストみたいな扱いになって、地下牢での拘束プレイや貴族との絡み、ラストでの露出輪姦もあっさり終わってしまいます。タイトルが「銀竜の黎明」なんですから、やはり銀竜たるセレスの絡みはもっと力を入れて欲しかったですね。ミュート先生も触手1回だけでしたし・・・

その代わりとでもいうように、他の人たちが絡みを見せてくれるんですが。まず、1巻から通して1度しか素肌を晒していないシアと、1度も晒していないリタが素体にされて犯されます。ですが、やっぱりボリューム不足の感は否めないかなと・・・特にリタは一瞬で堕ちるので(シアは2巻での「処女」の設定もあるので、まだ何とか我慢できるんですが)、今までの女性陣の頑張りを思うとちょっと物足りなかったですね。そして王妃ローゼも地下牢での拘束プレイなどあるんですが、最後の絡みが子供とってのはどうなんですかね(笑)まぁセレスよりはまだ見所はありましたが、1巻から通してそんな気配は微塵も見せなかったのにここにきて最後にショタをぶつけてくるのは、斬新といえばそうなんでしょうが、個人的には普通で良かったと思います。アイシャ、エルミナ、リンファが完全に堕ちて、かつては蔑んでいた治安維持部隊の豚隊長オルグの牝奴隷になっているシーンは最高だったんですが、これも3人合わせて数ページでまとめられてしまってますし・・・この作品はちゃんとストーリーがあるので、そちらの伏線を回収するのにページを割く必要があるのはわかるんですが、だからといって、アダルトコミックで絡みがおろそかになるような回収の仕方はまずいんじゃないでしょうか・・・

だらだらと書きましたが完結して思うことは、3巻からこれだけ時間がかかったのであれば、書き足してでも内容を充実させて、5巻くらいで完結させたほうが良かったような気がするということです。3巻までがとても完成度が高く時間価値も相まって非常に期待していただけに、ファンであればあるほど、今回の期待外れ感は大きいんじゃないでしょうか。

3 名前:物欲さん 投稿日:2012年04月11日
★★★★

今更、という事

続きが出る、始める事での発売なら5を付けるものの
悪くは無いのですが、古い作品という事や
連載終了から長らく続き物の最終巻を何故に今更発売したのかが分かりません
出てよかったというのが大半で、勿体ないです

作者の方も色々とご苦労があると思いますが
遠くない内に、次は、新作での完全復活をお待ちしております

4 名前:アマゾンリリー "マルレーン" 投稿日:2012年04月17日
★★★★

シリーズ全体で★4、これだけでは★3くらい

3巻からものすごく時間が経ってからの4巻。
正直、微妙な印象でした。

これだけ長く続いたシリーズなので、簡単に円満な解決という訳にもいかないし、かといって最低最悪のバッドエンドというのも変だろうし(その点は作者にも作家としてのジレンマがあったのでしょうか)、どうなるかなあと考えつつ待ち続け、もうきっと出ないだろうなとあきらめたところにやっと出てくれた最終巻。心配していた懸念には当てはまらなかったのですが、正直、おかげでどっちともつかない中途半端なエンディングとなってしまったような感じです。

※以下ネタバレあります
主人公や他ヒロインのエロシーンが全体的に少ないのは、まあ構成上致し方ないという上で、あのラストシーンはどうなんでしょうか。最終話でセレスがラディムに語ったセリフ、堕ちたとはいえあれでよかったのか。全面白旗降伏宣言で果たしてよかったのか。個人的には体の自由は失っても心だけは失わなかったセレスが好きだったのに…、と、未だにモヤモヤと未練が残ってしまってます。
最終巻のおかげでやっと完結してすっきり、かと思いきや、最終巻のおかげで全体の印象が微妙になってしまったのは何とも言いようがないです。それほど今までの物語は好きだったので…。
最後のページのセリフ、銀竜師団が「どこ」に「出動する」のかという解釈によるところが大きいのですが、そこは読者にゆだねず道を示してほしかったかなと思います
あくまで個人的な感想文でした。

なんだかんだ書きましたが、ぜひともこの作者には、ここまでキャラや巻数は多くなくていいから今後も作品を描き続けてただきたい、と切に願う次第です。

5 名前:"まーくん1" 投稿日:2012年05月04日
★★★

うーん。

待望のシリーズ最終巻! どういう終わり方になるのか?楽しみに長年待った結果がコレですか。。。
微妙~

やっぱり、ラストはきちんと書いて欲しかったですね~

内容的には素晴らしいのに、もったいないです。
なので星3つです。

名前: 評価:  
内容:

検索画面に戻る



Copyright © 2008-2010 エロ漫画データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.03秒)