◆エロ漫画のレビューや売上ランキングなど。
 エロ漫画:21,196点  著者:6,327人  レビュー:11,801本  サンプル画像:8,410
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


エロ漫画のタグ一覧(抜粋)

ふたり嫁

[レオパルド] ふたり嫁
著者:レオパルド  発売日:2008年08月19日
内容紹介:
表題の「ふたり嫁」を始め、「人妻チアリーダー」「金髪~」シリーズなど合計9作を収録。
価格:1,080
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
Amazon.co.jpふたり嫁 (メガストアコミックスシリーズ No. 181)

レビュー
1 名前:天然猫肉汁アリス缶詰 投稿日:2008年08月17日
★★★★★

作画もコマ割リもまだまだ甘いけど、エロ漫画として必要なスパイスはすべてある。

著者の処女単行本。

オタな男子生徒とユルユル女生徒の、えっちからマブラブ『金髪ツインテール』。
姉妹な女生徒が幼馴染みな男子生徒に昔の約束を盾にしてお嫁さん選びなラブラブ攻撃『ふたり嫁』。
テニス部の女の子たちにどーしよーもなくフェチな特訓を施すエロゴリラなコーチ『特訓』。
ヤサグレた自分を受け容れ、愛情を注いでくれた先生に、ついには惚れて、結果、27年間童貞だった彼の溜まりに溜まった欲望を完膚無きまでたたきつけられたあの頃を振り返り、幸せにどっぶり浸る妻『金髪ストレート』は、カバー内のオマケまで滅茶ステキ。
義兄妹のはじめて『ふたりのはなし』。
商店街の運動会でチアガっちゃうムチムチ奥様たちが、青少年な主人公で欲望を充たすお話『人妻チアリーダー』は全4話で、漫画構成はほとんどどーしよーもないけど、見開きの4人妻のパンツ丸出し尻並べと、どーしよーもなくファンタジーなラストが最愛。

ほんのり艶を加味したネオ劇画とほんのり萌をまぶしたコミック系を綯い交ぜにして、独特の崩しをちょっぴりかましたキャラ造形法がとてもイカシテル。

近作では安定感が増してるものの、初期の作画は粗め残り。

お尻やオッパイを思いっきりクローズアップする大胆かつフェティッシュなデフォルメリングとアングルがたまらない。

コスを活かしつつも王道エロとしての基本をまったく失ってない姿勢が素晴らしすぎ。

想いが詰まりまくったヒョットコフェラが最高♪

闊歩するチビキャラたちが滅茶ステキ。

愛情が珠玉のスパイス。

メインのユルユルハーレム系も乙だけど、破天荒でギチギチな純愛系がやっぱり著者には似合ってると、個人的には思います。

フェチを活かした裸勝負と、キモチの籠もったゼロ距離えっちが花マル。

ホントの勝負はこれからだけど個人的に好みの方向性が山盛りで、滅茶苦茶大好き。

何度でも言おう、『金髪ストレート』最高♪

2 名前:はひふ 投稿日:2008年08月25日
★★★★★

話はまだ良くなる余地がある。絵のエロさは・・・最高!

簡単にまとめると
●1対1の話が3つ。イケテナイ男がなぜか女の子に受け入れられ、恋人になるという感じ
●ハーレム的な話が6つ。とにかくユルいので、脳みそとけそうです(苦笑)

今回、収録された9話のうち2/3がユルいハーレムです。しかし、「金髪ストレート」「金髪ツインテール」「ふたりのはなし」などをみるに、レオパル先生はハーレムだけでなく1対1でもとてもいいものを描くなあ。と思います。キャラの愛情がヒシヒシと伝わってくるのです。僕としてはハーレム路線もいいですが、今後1対1の作品がもっと増えたら嬉しいです。「金髪ストレート」はあまりレオパル先生らしくない作品かもしれないけど、とってもよかったです。今でもエロマンガとしてのエロさは最高なので、今後、ストーリーの方も充実させていけたら敵無しではないでしょうか。

あとがきに「使えた人ありがとう、使えなかった人ごめんなさい」という同人誌でのお決まりの文句があり、同人活動、大事にされてるんだな~。と、思いました。



あ、それと、来鈍先生のアシをされていたとは・・・
知りませんでした。

3 名前:コレクター 投稿日:2008年09月01日
★★★

うーん…

レオパルドさんの本を購入したのは初めてです。
他の方々の評価通り、ケツにはえらい力を入れられているようですね。
しかし、カバーイラストはキレイですが、中身を開くと「アレ?」って感じがします。
ギャップがかなり大きい。ランキングやカバーに踊らされた感じですね。
「やっぱり同人作家なんだなぁ」って率直に思いました。
以上です。

4 名前:c-ool 投稿日:2008年09月02日
★★★★★

キャラがしっかりしている

タイトルの「ふたり嫁」は短編ですが幼馴染の姉妹とのラブラブハーレム。
これが一番気に入った。

全体的にほのぼのとした雰囲気ですが、キャラとエッチのギャップが凄い。

下着は質感があり、胸や尻はモチモチ、プルルンと柔らかく、描写もリアルで修正は殆どありません。

金髪少女と童貞先生や同級生ツインテールの女の子などなどほぼハッピーエンド。
圧巻は後半の人妻チアリーダーの4作品。

巨乳人妻達と迫力のエッチとプレイ。
そしておまけの5Pへなだれ込む。
まあ、最後はありがちな落ちですが。


中年体育教師の体罰陵辱だけが作品の雰囲気と異なるのでちょっと残念。

後、カバー裏にかくしマンガがあります。

5 名前:稀見理都 "稀見理都" 投稿日:2008年09月05日
★★★★

迫ってくる巨乳、巨尻

レオパルド氏、初単行本。
帯に「初期作品集」とあるが、デビューしてからの3年間に描かれた短編集になっている。

タイトルの「ふたり嫁」はその作品の一つ。

幼なじみの2人の女の子からプロポーズされ、SEXでどちらを選ぶか決めるという、何ともうらやましいありがちな展開。しかし、結果どちらとも決められず、2人ともお嫁さんじゃダメかな?と、まったく都合のいいお話。

このような「ふたり嫁」に代表されるように、基本的にエロとしての話づくりとしてはよくあるパターンの、男性ご都合主義の話のオンパレード。

かわいい妹と近親相姦になるお話。かわいいチアガールの子とトイレでHしちゃうお話。その、人妻版。と、その知り合い達との温泉旅行でハーレム状態乱交話と、もうエロマンガでは幾度と使われてきた内容だが、レオパルドの魅力ははっきり言って話ではない!

もちろん、このような都合のいいストーリーは魅力的だが、彼の魅力はキャラクターの描き方と、セックス描写である。ダイナミックなレイアウトに構図、そして体位。動きのあるエロい画風で人を引きつける。

わかりやすく言えば「実用的」な作家であると言えよう。それ故、初単行本であるが人気は高い。人気同人作家であるネームバリューもあるかもしれないが、商業もそれは健在だ!

広角レンズで迫ってくる巨乳、巨尻、そして巨根(笑)
理屈にぬきにエロマンガを楽しみたい人にはお勧めの1冊であろう。

6 名前:suzuran 投稿日:2008年09月13日
★★★★

抜き目的に

男にも女にも目の下に楕円を描くのはやめてほしい。邪魔。
女の子はほぼ巨乳、えっちは中出しです。人妻ものは刹那的で好きではないのですが、『人妻チアリーダー』は終始明るい雰囲気。かなりのハッピーエンドといえます。
・金髪ツインテール :やや太めのメガネ男と今どきのギャル(死語)とらぶエロ。
・ふたり嫁:表紙の姉妹とらぶエロ。
・特訓:男がデブでハゲで汚くて変態で最低。
・金髪ストレート:真面目一徹だがコスプレ(女にコスプレしてもらうのが)好きのメガネ教師と貧乳不良女生徒のらぶエロ。
・ふたりのはなし:近親相姦。
・人妻チアリーダー1~4話:人妻4人とらぶエロス。最終的に孕ませてしまうところが何とも。

7 名前:ミヤノさん 投稿日:2009年01月17日
★★★★★

くんくん

構成:短編5、中編1(4話分)
属性:巨乳、人妻チア、ちょい悪娘、パンツごしのかほり

キャラ絵は少し癖がありますが、好きになる人も多い愛嬌のある絵だと思います。
エロは尻に力を・・とのことですが、アナルプレイはあまりありません。
それよりもパンツフェチが好きそうな描写だったり、
あとパンツごしにくんくんが高確率でありましたね(結構こだわってると思います
くんくん以降は愛撫と挿入と中出しでむっちりと濃いエロ。
フェチはあくまで前段階、全体を見るとかなり実用的な作りだと思いました。

カラーカバーを外した表紙は、中身を読んだ後に読みたくなってる隠し漫画。

オススメ:多少癖はあっても、淫語の少なさなどを押して余るエロい絵力があります。
くんくん好きやぱんつ好き、実用を求める方にオススメですー。

名前: 評価:  
内容:

戻る



Copyright © 2008-2010 エロ漫画データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.03秒)